上手にカラコン15mmに愛着を感じるためにすること

今日はカラコンのことを書いています。
ウィッグのことばかりだと文字にしていくのが飽きてきたというだけです。気分転換みたいなものです。カラコン15mmについては、後ほど紹介していきますが、少し違った視点も試みたいと思います。

相変わらず安全だ危険だなどといったコメントをよく見かけますが、個人的には危険なものとして認識しています。普通に考えたら安全なんてことはないでしょうし、危険なものと思って着けてるほうが良いくらいだと思います。
分かっててなぜ着けるのかというとただ単にオシャレをしたいからというだけです。
それ以外は何もありません。
よく見かける韓国カラコンのことにしようと思いますが、雑誌やブログでよく見るのはglamだったりセンスマニアあたりでしょうか。他にもいろんなモデルさんがブログでレポしてるけど、そうキレイにつけれるかというとそうは簡単にはいきません。
それはきっとメイクの違いもあるんでしょう。
さてセンスマニアといえばクラッシーブラウンが人気ですよね。ノーマルとビッグという大きさ違いのがありますが、かなり見た目に違いがありますから、いきなりでかいのにすると驚くかもしれません。
デザインも派手すぎないからノーマルなら学校とか会社でも大丈夫かもしれませんね。
ばれないかどうかは別として普段使いにも良さそうです。
ウィッグと合わせるなら、黒髪より少し明るめのほうがしっくりくるかなとも思います。
そのあたりのセンスはみんな違うだろうから、自分がいいと思ったのでいいのではないでしょうか。センスマニア クラッシーブラウンは価格は少し高いかもしれないけど、違いを出したいならおすすめの一つかな。

人の第一印象でなぜ目が大事なのか、みんなそこまで気にするのか、私なりの考えになりますが、やはり、最初に会ったときに見るのは男性でも女性でもまずは目なのかなと思います。
まず目を見てから他の場所、靴だったり服だったり、手だったり髪の毛だったりという流れになるのではないでしょうか。
だから、目が不自然だったりするより、可愛い目だなと思われあちという考えるのは、いたって普通のことなのかもしれません。
巨大なカラコンがいいとは思いませんが、14.8mmくらいだったらだんだん小さく感じられてきたのは麻痺してきたのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket